英国の新型コロナ変異種、韓国で新たに2人の感染確認=計12人に

英国の新型コロナ変異種、韓国で新たに2人の感染確認=計12人に

英国の新型コロナ変異種、韓国で新たに2人の感染確認=計12人に(画像提供:wowkorea)

韓国防疫当局は、英国発の新型コロナウイルス変異種2件を追加で発見。韓国国内での市中感染事例はまだ1件も確認されていないが、海外からの入国者の中で相次いで発見されている。

現在までに韓国で確認された海外変異種は英国発の変異種11件、南アフリカ共和国発の変異種1件の計12件となった。

中央防疫対策本部のイ・サンウォン疫学調査分析団長は5日、新型コロナウイルス定例ブリーフィングで「英国と南アフリカ発の変異種は現時点で計12件発見された」とし「変異種はすべて検疫段階または入国後の接触者の中から発見されたものであり、まだ市中での流行兆候はない」と明らかにした。

追加で確認された英国発の変異種は、昨年12月13日と20日に入国した2人の検体から発見された。韓国国内で確認された累積件数は、英国発が11件、南アフリカ発は1件の計12件となった。12件のうち1件だけが国内の家族に感染した事例だった。

関連記事(外部サイト)