朝鮮半島平和交渉本部長 ハリス米大使と顔合わせ…「米韓の協力を通じて朝鮮半島状況を管理」=韓国

朝鮮半島平和交渉本部長 ハリス米大使と顔合わせ…「米韓の協力を通じて朝鮮半島状況を管理」=韓国

朝鮮半島平和交渉本部長 ハリス米大使と顔合わせ…「米韓の協力を通じて朝鮮半島状況を管理」=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国のノ・ギュドク朝鮮半島平和交渉本部長が5日、ハリー・ハリス駐韓米国大使と会い、米韓間の協力をもとに朝鮮半島の状況を安定的に管理しようということで意見が一致した。

外交部によると、ノ本部長はこの日午前10時、ソウルドリョムドン外交部庁舎で、ハリス大使と会談した。昨年12月に任命されたノ本部長は、ハリス大使との顔合わせを兼ねて面談したと伝えられた。

双方は、米韓間の緊密な連携をもとに、朝鮮半島の状況を安定的に管理しようという原論的次元で幅広く意見を交換した。

双方はこの日、イランの韓国船舶抑留についても意見を交わした。外交部当局者は「一般論的なレベルで自然な意見交換であったが、現時点では状況が進行中のため、具体的な議論はなかった」と説明した。

関連記事(外部サイト)