法制司法委員会、重大災害法の処罰緩和…死亡時は‘懲役1年以上’=韓国

法制司法委員会、重大災害法の処罰緩和…死亡時は‘懲役1年以上’=韓国

法制司法委員会、重大災害法の処罰緩和…死亡時は‘懲役1年以上’=韓国(画像提供:wowkorea)

国会法制司法委員会(法司委)は5日、重大産業災害関連の処罰レベルを一部引き下げる方向で合意した。重大産業災害で死亡事故が発生した場合、経営責任者に‘1年以上の懲役または10億ウォン(約9286万円)以下の罰金’を、法人には‘50億ウォン(約4億6431万円)以下の罰金’を適用することにし、法人処罰規定には下限刑を設けないことにした。

法司委法案審査第1小委員会はこの日午後2時から重大災害企業処罰法(重大災害法)制定案のための論議に突入した。これに先立ち与野党は、8日の本会議で重大災害法を処理することにした。

小委員会は産業現場で起こっている‘重大産業災害’の処罰規定である6条と7条に対する合意を終え、加湿器殺菌剤惨事などの‘重大市民災害’関連の規定を検討している。

まず、重大な産業災害で死亡事故が発生した場合、事業主と経営責任者は‘1年以上の懲役または10億ウォン以下の罰金’を適用することにした。政府案の場合、‘2年以上の懲役または5000万ウォン(約464万円)以上10億ウォン以下の罰金’と規定していた。

これに対し、共に民主党所属のペク・ヘリョン(白惠蓮)法案審査1小委員会委員長は停会後、記者団と会い「任意で併科が追加され、罰金刑と懲役刑を宣告できる形にした」とし「重大災害法が適用される範囲は非常に広い。様々な形態の災害が発生し得る。下限は下げたが、任意で併科ができるようにし、悔しい事例が発生しないよう、しかしそれだけ被害者の保護を厚くできる方向に決定した」と述べた。

また、小委員会は法人に死亡事故が発生した場合‘50億ウォン以下の罰金’を、負傷や疾病の場合‘10億ウォン以下の罰金’を適用することにした。白委員長は「下限をなくし、上限を高め、事例によって合理的な判断ができる余地を設けることで合意した」と伝えた。

続いて「8日の本会議で議決せざるを得ない状況なので、今日最終議決ができなければ、明日すぐに小委員会を開き、小委員会議決を行う」と強調した。

ただし、断食ストまでも辞さず、重大災害法の処理を促した正義党は、法人処罰の下限刑を廃止するなど、処罰レベルが総じて低くなったことに不満を見せた。

ペ・ジンギョ正義党議員は「重大災害法の核心は大企業の責任を確実に問うことだが、売上高10分の1以上に対する処罰を加重できるという条項が削除され、大企業に対する処罰が相当弱まった」とし「論議が追加されるよう意見を伝える」と述べた。

実際、正義党やパク・ジュミン(朴柱民)共に民主党議員案には、法人が危険防止義務をなおざりにするよう指示した場合、当該法人の前年度の年間売上高、または当該機関の前年度収入額の10分の1の範囲内で、罰金を加重できるようにしている。しかしこの日、小委員会は当該規定を削除することで意見が一致した。

正義党のキム・ウンホ(金應鎬)副代表はニュース1との通話で「法人処罰規定から下限刑を削除したが、そうなると実際の判決では処罰規定が無用になる可能性が高い」とし「(法人売上高罰金加重関連では)小委員会で再論議中だと聞いている」と伝えた。

関連記事(外部サイト)