北朝鮮、第8回の労働党大会「5日 平壌で開幕した」

北朝鮮、第8回の労働党大会「5日 平壌で開幕した」

北朝鮮の労働党大会が1月5日に開幕した(画像提供:wowkorea)

北朝鮮は、1月初旬に開催を予告していた「第8回 労働党大会」の公式日程を始めたと、朝鮮労働党機関紙“労働新聞”が今日(6日)報道した。

労働新聞はこの日「党の第8回大会がチュチェ(主体)110年(2021年)5日、革命の首都 ピョンヤン(平壌)で開幕された」と伝えた。

また「党中央委員会は、我々の革命発展の新たな高潮期、荘厳とした激変期が到来した時代的要求に合わせ、党中央委員会の事業を全面的に厳正に総和し、社会主義の偉業のより大きな勝利を獲得するための正確な闘争方向と任務を明白に再確定し、実際的な改善対策を備えるために、我々の党の聖なる歴史において8回目となる党大会を招集した」と伝えた。

関連記事(外部サイト)