チェジュ(済州)山地 大雪注意報…夜から強風を伴う大雪=韓国

チェジュ(済州)山地 大雪注意報…夜から強風を伴う大雪=韓国

チェジュ(済州)山地 大雪注意報…夜から強風を伴う大雪=韓国(画像提供:wowkorea)

6日夜から済州で強風を伴った大雪が予想され厳重な注意が必要だ。

済州地方気象庁によると、この日午前 9時 現在、済州島の山間部では大雪注意報(6日夜)、済州島では強風注意報(7日朝方)、済州島の海上では波浪注意報(7日朝方)が、それぞれ発令されている。

気象庁は、6日夜から7日朝にかけて、7日夜から8日朝にかけて、済州島に大雪が降り、9日から10日午前にかけて徐々に弱まっていくとしている。

6日から8日までに予想される積雪量は、済州島海沿いで5センチ〜10センチ 、済州島中山間地域で10センチ〜30センチ、済州島山間部で50センチ以上が予想されている。

気象庁は、北側から入り込んだ冷たい空気の影響で、7日昼間の気温は0度前後まで下がり、強風の影響で体感温度は-7度と寒くなるとしている。

気象庁は、今回の寒さは8日にピークを迎え、それ以降も平年より2度から6度低い気温が長期間続くとしている。

気象庁は風もこの日夜から、平均風速 10 メートル〜16 メートル(時速35 キロ〜60キロ)、最大瞬間風速20メートル(時速70キロ)以上の強風で、この影響で海上の波の高さは、最大 5 メートルになるとしている。

気象庁は「強風と共に雪が降って波も高くなり、航空機と旅客船が遅延・欠航になるなど、運行に支障が出る恐れがあり、航空機または船舶の利用客は事前に運行情報を確認してほしい。」と呼びかけている。

関連記事(外部サイト)