トランプ支持者が米議事堂に乱入…デモ隊、銃による負傷も

トランプ支持者が米議事堂に乱入…デモ隊、銃による負傷も

バイデン氏"デモでなく反乱"

トランプ支持者が米議事堂に乱入…デモ隊、銃による負傷も

トランプ支持者が米議事堂に乱入…デモ隊、銃による負傷も(画像提供:wowkorea)

米国のドナルド・トランプ大統領を支持するデモ隊数百人が6日(現地時間)、議会の大統領選挙の結果の承認を阻止するために議事堂に乱入した。議会警察は催涙弾を用いてデモ隊を解散鎮圧しようとし、この過程で銃撃戦も行われた。

デモ隊の議事堂への乱入により、上下院合同会議は中断され、議員との会合を主宰する予定だったマイク・フェンス副大統領は緊急避難した。

ロイター通信によると、乱入したデモ参加者は「トランプが選挙で勝った」と叫んだ。デモ隊はバリケードを越えて議事堂内部に進入し、議会警察隊と衝突した。

現場を収めた映像を見ると、デモ隊は窓を崩し、警察は建物内に催涙弾を撃った。NBCニュースはデモ隊の一人が銃により負傷したと伝えた。

ワシントンDCのミュリエル・バウザー市長は、この日の午後6時から通行禁止を命令した。また、米国防総省はワシントンDCの州兵を動員したと現地メディアが報道した。

トランプ大統領はTwitterを通して「議事堂にいるみんなが平和を維持することを要求する。暴力はいけない!」と発信した。

ジョー・バイデン次期大統領は記者会見で「これはデモではなく、反乱だ」と、トランプ大統領にデモ隊を止めることを求めた。

関連記事(外部サイト)