韓国、寒波・大雪で道路18か所が統制・航空機9便欠航…凍結申告281件

韓国、寒波・大雪で道路18か所が統制・航空機9便欠航…凍結申告281件

韓国、寒波・大雪で道路18か所が統制・航空機9便欠航…凍結申告281件(画像提供:wowkorea)

韓国の光州、世宗、忠南、全北、全南、済州などの6つの市・道に大雪警報が発令される中、全国の道路が統制され、メーター・水道管が凍結するなどの被害が続いている。

7日、韓国行政安全部によると、同日午前6時の基準で全南5か所、慶南4か所、忠南3など全国18か所の道路を統制した状態だ。ソウルの6か所の道路統制は、この日0時に解除された。

仁川と群山、済州などでは、計9便の航空機が天気の影響で欠航した。釣り漁船は全面統制された。

低い気温が続き、前日の寒さによる疾患者が2名発生した。メーター凍結274件、水道管凍結7件などの施設被害もある。

行政安全部は、前日の午後6時、中央災難安全対策本部の緊急レベル1とした後、この日の午前3時にレベル2に引き上げた。

大雪と寒波に対応し、地域災害安全対策本部と関係機関等で合計1万5414人が非常勤務を行った。除雪作業にも全国で1万7293人、機器8235台が動員された。

畜舎2502か所、ビニールハウス4982か所など8930か所の施設を対象に安全点検が実施され、独居老人など社会的弱者22万5935人の安否を確認した。

行安部は「道路の除雪作業に全力で対応する」とし「地域のリアルタイムな気象監視、事態に合わせた除雪・寒波対策など先制的に対応をする」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)