韓国首相「公平性などに劣る防疫基準を直ちに補完する」

韓国首相「公平性などに劣る防疫基準を直ちに補完する」

韓国首相「公平性などに劣る防疫基準を直ちに補完する」(画像提供:wowkorea)

韓国のチョン・セギュン(丁世均)首相は7日、「公平性に反するなどの防疫基準は直ちに補完する」とし、「警戒心が鈍くなったところは防疫の手綱をしっかり握り、履行と実践に集中する」と明らかにした。

丁首相は同日午前、政府ソウル庁舎で新型コロナウイルスに対応するための中央災難安全対策本部会議を開き、防疫基準に関する公平性議論について言及した。

最近、防疫当局が子どものトルボム(学童保育のような役割)などを理由にテコンドー場の運営を許可したが、類似施設のスポーツジムの運営は禁止し、公平性問題が指摘されている。

丁首相は「新型コロナウイルス第3波で社会的距離の確保の段階調整など強化された防疫措置を1か月間持続している」とし「長い期間、日常を失ったまま経済的苦痛まで耐えている国民の疲労感は非常に大きい」と述べた。

続けて「終わりの見えないもどかしさが続き、防疫基準に対する公平性論議が起きたり、一部の業種では集団的反発の動きまである」と述べた。

また「1年近く続いた新型コロナウイルスとの闘いで、われわれは警戒心が緩むたびに間違いなく危機が訪れたことをよく知っている」とし「特に今回の第3波は、季節的要因とこれまで蓄積した社会的疲労感まで加わり、危機状況がさらに長引いていると思う」と述べた。

丁首相は「国民の皆様にお願いしたい。大変で疲労するときだが、こんなときほど、心を一つにしてこそ、危機は私たちの前から早く消える」とし、「“連帯と協力”、そして“譲歩と配慮”の力でこの闘いに必ず勝利しよう」と呼びかけた。

関連記事(外部サイト)