韓国防疫当局「新型コロナ治療、マラリア治療薬は効果ない」

韓国防疫当局「新型コロナ治療、マラリア治療薬は効果ない」

韓国防疫当局「新型コロナ治療、マラリア治療薬は効果ない」(画像提供:wowkorea)

韓国の防疫当局が新型コロナウイルスの治療薬と関連し、「レムデシビル」と「デキサメタゾン」成分の薬物のみを使用するよう勧告していることを明らかにした。先立って、新型コロナウイルスの治療効果が期待されたマラリア治療薬のヒドロキシクロロキンとエイズ治療薬のカレトラの場合、効果がないため勧告していない状況だ。

クォン・ジュンウク中央防疫対策本部第2副本部長は7日、定例ブリーフィングで「新種感染病中央臨床委員会で最近、新型コロナウイルスの診療勧告案を通じて、重症患者の治療法としてレムデシビルとデキサメタゾンを積極的に使用するよう勧告している」と明らかにした。

続けて「マラリア治療薬は新型コロナウイルスに効果がないとみられ、一部の患者で不整脈のような深刻な副作用を誘発する可能性があり、カレトラも勧告していない」と述べた。

レムデシビルは同日0時基準で、国内105か所病院の3108人の患者に投薬した状況だ。いまだに他の新型コロナウイルス治療代案がないだけに、高齢、基礎疾患者及び重症患者を対象にレムデシビルが優先的に使用される。

クォン・ジュンウク副本部長は「レムデシビルについて、死亡率を減らせないという海外の評価と発表されたが、まずFDAの承認と臨床を通じて導き出された研究結果などを根拠に、国内の使用推奨診療指針を維持している」と述べた。

関連記事(外部サイト)