英国、コロナによる一日の死者数「1000人を越える」

英国、コロナによる一日の死者数「1000人を越える」

英国では、新型コロナによる一日の死者数が1000人を越えた(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染症の変異ウイルスにより 困難に直面している英国で、一日の死者数が1000人を越えた。

6日(現地時間)BBCによると、英国政府は 一日の死者数が1041人と集計されたと発表した。これは、1224人の一日の死者数を記録した 昨年4月以降の最大値である。

一日の感染件数も6万2322件で、大量診断が始まって以降 最も高い数値を示した。入院患者数も3万74人で、歴代の最大規模である。

このことにより 議会は、封鎖措置を指示した。前日0時に関連法律が制定されている。

感染症専門医であり政府の諮問委員であるアンドリュー・ヘイワード教授は「死者数が今後 数週間、より増加する可能性がある」とし「封鎖措置が死者数増加を抑えるには、時間がかかるだろう」と語った。

国際統計ウェブサイト“Worldometer”によると、この日の基準での一日の新規死者数が1000人を越えた国は、米国(4068人)、ブラジル(1266人)、メキシコ(1065人)、ドイツ(1019人)と英国の5か国だけである。

関連記事(外部サイト)