済州を発着する100便が欠航…大雪・強風警報で8日も影響が出る見込み=韓国

済州を発着する100便が欠航…大雪・強風警報で8日も影響が出る見込み=韓国

済州を発着する100便が欠航…大雪・強風警報で8日も影響が出る見込み=韓国(画像提供:wowkorea)

7日に続き8日もチェジュ(済州)の空の便に影響が出ることが予想される。夜間に降り積もった雪が凍り、強風と突風により済州国際空港に出されている気象注意報が延長される可能性があるためだ。

航空気象庁によると7日、済州空港に発表された大雪警報と強風警報、突風警報は8日まで延長される予定だ。

これにより、済州空港を発着する航空便は7日に続き、8日まで欠航と遅延運航が相次ぐものと見られる。

7日、済州空港には、出発・到着便合わせて計171便(出発86、到着85)の航空便が運航される計画だったが、午後6時までに計100便(出発48、到着52)が欠航した。

この日運航された航空便は計30便(出発11、到着19)にとどまり、このうち遅延して運航されたのは計19便(出発10、到着9)だった。

航空会社は、済州の気象悪化が予報されると、すぐに欠航を決定した。これにより、8日も航空便の欠航が続く可能性が高い。

関連記事(外部サイト)