WHO事務局長「韓国、効果的なウイルス統制を示してくれた」、「WHO支持に感謝」

WHO事務局長「韓国、効果的なウイルス統制を示してくれた」、「WHO支持に感謝」

テドロスWHO事務局長は、文在寅 韓国大統領に書簡を送った(画像提供:wowkorea)

青瓦台(韓国大統領府)は今日(8日)、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長がムン・ジェイン(文在寅)大統領に、新型コロナウイルス感染症への対応過程においてのリーダーシップと努力、WHO支持に対して、謝意を表した書簡を送ってきたと伝えた。

青瓦台の報道官はこの日の午後の会見で「きのう 大統領もお話した通り、新年は“回復の年”だ」とし「テドロス事務局長は、回復の年である今年も 引き続き協力を要請する書簡を送ってきた」と語った。

青瓦台の報道官によると、テドロス事務局長は「これまで大統領が示してくださったWHOへの支持は、この上なく大切なものだった」とし「様々な社会を崩壊し 国際社会に大きな困難をもたらした、この危機に立ち向かうために必要な全地球的連帯を、大統領が見せてくださったことに対し感謝する」と伝えた。

つづけて「COVAX(ワクチンと予防接種のための世界同盟)への大統領の政治的・財政的支援は、新型コロナを終息させ グローバル経済の回復の牽引に重要な役割を発揮することでしょう」と評価した。

テドロス事務局長は「韓国が大統領のリーダーシップの下 汎政府的であり、透明で協力的なアプローチ法を通じて、効果的にウイルスを統制できることをみせてくれた」とし「公衆保健分野への挑戦を克服するために、韓国政府と緊密な協力を期待する」と伝えた。

青瓦台の報道官は「昨年 韓国は、国民全てが困難を甘受し 防疫の主体となってくださったおかげで、1、2次の大流行という困難な挑戦を追い払うことができた」とし「新型コロナに立ち向かってきた我々の防疫の経験を、我々だけが持っているわけではない」伝えた。

つづけて「大統領は首脳間の通話を59回もされながら、世界の様々な国と国際機構などを対象に、防疫の経験を積極的に共有し協力してきた」とし「また 22の朝鮮戦争参戦国には、マスク100万枚を支援し、防疫物資を輸出した」と語った。

関連記事(外部サイト)