国民の力「北朝鮮の原子力潜水艦の開発表明、政府は対北政策の方向転換が必要」=韓国

国民の力「北朝鮮の原子力潜水艦の開発表明、政府は対北政策の方向転換が必要」=韓国

国民の力「北朝鮮の原子力潜水艦の開発表明、政府は対北政策の方向転換が必要」=韓国(提供:news1)

国民の力は9日、キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長が原子力潜水艦の開発を策定したのと関連し「北朝鮮問題の解決のために、政府の対北朝鮮政策の方向転換が優先されるべき」と指摘した。

国民の力のキム・イェリョン報道官は、この日の会見で「北朝鮮の“起 - 承 - 転 - 核兵器の開発”は、昨今のことではありませんが、これまでムン・ジェイン(文在寅)政権が北朝鮮に示してきた一方的な譲歩と好意などの対北朝鮮政策の結果がまさにこれだ」とし「北朝鮮に“韓国は必要からの手っ取り早いツールであり、弄べるおもちゃ”ということまで再確認させたのだから文在寅政権の対北政策を恨まずにはいられない」と批判した。

キム報道官は、「対北政策の方向転換と同時に、米韓同盟をベースに韓米間の緊密な協力に力をそそぐべき」とし「北朝鮮への一方的な支援と好意は、北朝鮮の実質的変化も我が国民の安全も守ることができないことを自覚して、対北政策の変化の意志を国民だけでなく全世界に表明するべきだ」と指摘した。

関連記事(外部サイト)