インドネシア、乗員62人のボーイング737旅客機墜落推定を公式発表

インドネシア、乗員62人のボーイング737旅客機墜落推定を公式発表

インドネシア、ボーイング737旅客機墜落推定を公式発表(画像提供:wowkorea)

62人を乗せたインドネシアLCC航空会社であるスリウィジャヤ航空のボーイング737旅客機が海上で墜落したとみられると、インドネシア当局が明らかにした。

9日(現地時間)AFP通信によると、インドネシアの交通省は、62人の乗組員と乗客を乗せジャカルタを出発したボルネオ島ポンティアナック行のSJY182便が海に墜落したとみられると発表した。

ブティ・カリア・スマディインドネシア交通省長官は、記者会見で、「総乗客数は乗組員12人と乗客50人である」とし、「このうち7人の子供と3人の幼児が含まれている」と述べた。

この日、インドネシア外交部の報道官は「ジャカルタ発ボルネオ島ポンティアナック行のSJY182便の連絡が途絶えた」とし「最後の交信は、午後2時40分にあった」と述べた。

航空機の飛行経路の追跡サービスである「フライトレーダー24 」は、SJ182便がジャカルタで出発して約4分後、1万1000フィート(約3350メートル)以上の高度を飛行し、その1分後には急に連絡が途絶えたと説明した。

フライトレーダー24が提示した資料によると、ボーイング737-524は1994年に製造されて26年が経つ老朽機体だ。

この旅客機は、西カリマンタン州ボルネオ島ポンティアナクに向かっていた。飛行経路は、通常90分かかる距離だった。

関連記事(外部サイト)