チョルラブク(全羅北)道、電話金融詐欺が1日平均1.7件発生…被害額1日3400万ウォン=韓国

チョルラブク(全羅北)道、電話金融詐欺が1日平均1.7件発生…被害額1日3400万ウォン=韓国

チョルラブク(全羅北)道、電話金融詐欺が1日平均1.7件発生…被害額1日3400万ウォン=韓国(提供:news1)

全北地域で昨年電話金融詐欺(ボイス・フィッシング)が一日平均1.7件の割合で発生していたことが分かった。

全北警察庁によると、2020年に道内で発生したボイス・フィッシング犯罪は全621件で、犯罪被害額だけで123億5000万ウォンに達する。

一日平均にすると1.7件ほど発生して3383万ウォン相当の被害を受けたことになる。

タイプ別に金融機関を詐称した融資詐欺が503件(81%)、検察・警察・金融監督院などの機関詐称型は118件(19%)となった。

被害者の年齢は、50代190人(30.6%)で最も多く、40代177人(28.5%)、20代91人(14.7%)、60代以上85人(13.7%)、30代78人(12.6% )などの順である。

全北警察庁は昨年1年で、これらの犯行に加担した引き出し・伝達本など1039人を検挙し、このうち100人を拘束した。

警察は最近、携帯電話、金融詐欺が日増しに知能化していると細心の注意を呼びかけた。

主に携帯電話傍受・リモートコントロールアプリなどのマルウェアをインストールするように誘導したり、追跡が困難な商品券の番号を要求したりするなどの手法である。

警察関係者は、「今年もボイス・フィッシングの取り締まりを強化する一方で、犯罪予防のための広報活動に専念したい」と述べた。

関連記事(外部サイト)