朴槿恵元大統領、恩赦の論議は開始されるか…14日、刑が確定すればすべての裁判は終了=韓国

朴槿恵元大統領、恩赦の論議は開始されるか…14日、刑が確定すればすべての裁判は終了=韓国

朴槿恵元大統領(画像提供:wowkorea)

パク・クネ(朴槿恵)元大統領(69)に対する最高裁判所の2番目の判断が今週出る中、刑確定で‘恩赦要件’が整うかに関心が集まっている。

10日、裁判所によると、最高裁判所第3部は14日午前11時15分、特定犯罪加重処罰法上の収賄などの容疑で起訴された朴元大統領に対する再上告審の判決期日を開く。

朴元大統領は‘国政壟断’容疑と‘国家情報院特活費上納’容疑で裁判を受けてきた。2審まで国政壟断事件では懲役25年が、国情院特活費事件では懲役5年の判決が下された。

しかし最高裁は、強要容疑と一部職権乱用権利行使妨害容疑は無罪と見るべきだという趣旨の判決を下し、事件をソウル高裁に差し戻した。その後、2つの事件は併合され、破棄差し戻し審の裁判部は昨年7月、収賄容疑には懲役15年と罰金180億ウォン(約16億8408万円)を、職権乱用権利行使妨害容疑には懲役5年を言い渡した。

結果的に、2つの事件をそれぞれ審理した際、懲役30年だったことに比べ、10年低い刑が言い渡された。破棄差し戻し審の結果について、朴元大統領側は異議を申し立てなかったが、検察が再上告したことで、再び最高裁の判断を受けることになった。

今月14日の再上告審で刑が確定すれば、朴元大統領に対するすべての裁判が終了する。朴元大統領はセヌリ党の公認介入容疑で確定した懲役2年を加え、計22年服役することになる。

2017年3月末に拘束された朴元大統領は4年近く収監生活を送っている。現在は、ソウル拘置所に収監されている。

今回の判決は‘恩赦論議’とあいまっており、さらに注目されている。これに先立ち、イ・ナギョン(李洛淵)共に民主党代表が「適切な時期が来れば、両元大統領の恩赦をムン・ジェイン(文在寅)大統領に建議する」とし、特別恩赦の論議が急浮上した。

赦免法は、特別恩赦の対象として刑を言い渡され確定した者と規定しており、判決が確定しなければ対象にならない。

チョン・ドゥファン(全斗煥)元大統領とノ・テウ(盧泰愚)元大統領は1997年4月、反乱首魁と内乱陰謀の容疑で起訴され、それぞれ無期懲役と懲役17年が確定したが、同年12月、特別恩赦で釈放された。

法務部長官、法務部次官、検察局長などの内部委員4人と検事・判事出身弁護士などの外部委員5人で構成された恩赦審査委員会は特別恩赦対象者に対する論議を経た後、大統領に報告することになる。その後、大統領は国務会議の審議・議決を経て、対象者を確定する。

ただし、大統領が恩赦権を行使しなければ、特別恩赦は行われない。これに先立ち、文大統領は大統領選挙の公約として、賄賂・斡旋受財・斡旋収賄・背任・横領など、5大不正犯罪は恩赦権制限対象だと明らかにした。国民世論を考慮すれば、恩赦論議は不適切だという批判も続く。

関連記事(外部サイト)