韓国政府「ノババックス社とワクチン契約間近」…早ければ第2四半期「1000万人分」供給

韓国政府「ノババックス社とワクチン契約間近」…早ければ第2四半期「1000万人分」供給

米バイオテクノロジー企業“ノババックス社”(画像提供:wowkorea)

韓国政府は、米バイオテクノロジー企業“ノババックス(Novavax)社”と新型コロナウイルス感染症ワクチン(NVX‑CoV2373)1000万人分以上の国内導入を進めている。現在 この契約が間近だとされている。このワクチンは、韓国内企業“SKバイオサイエンス”が委託生産することで、昨年 契約が締結されている。

今日(12日)韓国防疫当局によると、韓国政府は 現在まで国内導入契約を結んだ4種のワクチンとは別のワクチンも、追加で導入する計画である。そのワクチンはノババックス社のものが有力な中、導入量は計1000万人分以上であるとみられる。最終契約がなされれば、韓国内に入ってくるワクチンの総物量は6600万人分へと増加することになる。

チョン・セギュン(丁世均)首相は、この日の午前に開かれた“新型コロナ対応 中央災難安全対策本部会議”を通じて「他の製薬企業のワクチンの追加導入契約が間近だ」と伝えた。

ノババックス社のワクチンは アストラゼネカ社のワクチンのように、韓国内企業“SKバイオサイエンス”と昨年8月に委託生産契約を結んでいるため、韓国内で生産がなされるということにおいて利点がある。まだ臨床フェーズ3が進められているが、第1四半期内に終了する予定であるため、導入時期は 早ければ第2四半期となる可能性がある。

関連記事(外部サイト)