韓国外交部、駐ナイジェリア大使を検察に告発…職員不正採用の疑い

韓国外交部、駐ナイジェリア大使を検察に告発…職員不正採用の疑い

韓国外交部、駐ナイジェリア大使を検察に告発…職員不正採用の疑い(画像提供:wowkorea)

韓国外交部(外務省に相当)がイ・インテ駐ナイジェリア大使を職員不正採用などの疑いで検察に告発したことが12日、わかった。

外交関係者によると、外交部はイ大使が大使館職員を採用する過程で、関連手続きを守らなかったものと見て、先月末に業務妨害の疑いで検察に告発した。

イ大使は昨年、大使館の行政職員を採用する際、知人から紹介されたA氏の連絡先を採用担当職員に送るなど、採用の公正性を毀損し、公正かつ適正な採用審査業務を妨害した疑いをもたれている。

A氏は現地の女性職員にわいせつ行為をしたという疑惑が提起されると、昨年9月に辞職し、関連容疑で検察に告発されたという。

外交部は「駐ナイジェリア大使館行政職員のセクハラ及び採用関連疑惑について調査を実施し、調査結果を基に関連規定に基づき必要な措置を取っている」とだけ明らかにした。

関連記事(外部サイト)

×