米国、全航空機での入国者に「72時間以内の陰性証明書」提出を義務化と報道

米国、全航空機での入国者に「72時間以内の陰性証明書」提出を義務化と報道

米国、全航空機での入国者に「72時間以内の陰性証明書」提出を義務化と報道(画像提供:wowkorea)

米国が、英国のみならず全ての海外航空便での入国者に対して、新型コロナウイルス陰性証明書の提出を要求するものとみられる。ロイター通信が12日、報道した。

消息筋によると、この日米国疾病予防管理センター(CDC)は、来る26日より全ての国際航空旅客機について新型コロナウイルス検査を要求する命令に署名するものとみられる。

CDCは先月28日より英国発の航空便での米国入国時、搭乗者全員に新型コロナウイルス陰性の証明書を義務化した。

この措置は、2歳以下の幼児や英国を「経由のみ」にした乗客を除き、米国人も含めて全ての搭乗者が出発72時間以内に陰性と判明した検査結果を提出しなければならない。

以降、CDCはトランプ政府に対して「この措置を拡大すべき」と主張してきた。

CDCのレッドフィールド所長は、ワクチンが英国発の変異種に「効かない可能性がある」との懸念を提起した上で、去る11日ホワイトハウス会議で同件について再び追求したと伝えられた。

関連記事(外部サイト)