中国「キムチは中国の文化遺産」…「韓国は自信なく“被害妄想”」

中国がキムチを自国の伝統的な食べ物へ編入しようと試み 韓国ネットユーザーを卑下も

記事まとめ

  • 中国共産党の中央政治法律委員会が、キムチは中国5千年歴史の一角だと主張した
  • 政法委員長は、中国の有名なユーチューバーを批判した韓国ネットユーザーを卑下した
  • 中国は最近、キムチを自国の伝統的な食べ物へと編入しようと試みているという

中国「キムチは中国の文化遺産」…「韓国は自信なく“被害妄想”」

中国「キムチは中国の文化遺産」…「韓国は自信なく“被害妄想”」

中国共産党は、最近の“キムチ物議”は、文化的自信の足りない韓国の「被害妄想」だと非難した(画像提供:wowkorea)

中国共産党 中央政治法律委員会(政法委)は、最近 中国の有名なユーチューバーの“キムチ物議”は、文化的自信の足りない韓国の「被害妄想」だと非難した。また キムチは、中国5千年歴史の一角だと主張した。

13日 政法委の安剣 委員長は、ユーチューバー“李子チー”氏のキムチ作りの物議に関する論評で「自信がないと疑心が増え、様々な被害妄想が生じる」として、李子チー氏を批判した韓国ネットユーザーたちを卑下した。

また 安委員長は、韓国が「キムチは韓国のもので、干し柿も韓国のものだ」とし「結局 全てのものに ことごとくケチをつける理由は、自分たちに対する自信が足りないからだ」と批判した。

安委員長は、先月1日に中国外務省の報道官が中韓“キムチ起源”論争についての質問に「そのような論争があったのか」と答えたことに言及し、「外務省の報道官の淡々とした回答は、自信があるからこそできることだ」と語った。

最近 中国は、キムチを自国の伝統的な食べ物へと編入しようと試みている。中国共産党機関紙“人民日報”の姉妹紙“環球時報”は昨年11月に、四川省の漬物“泡菜”が国際標準化機構(ISO)の標準認証を受けたとして、韓国を挑発している。

関連記事(外部サイト)