米国国連大使「“台湾訪問”は取り消しとなったが、いつも支持している」

米国国連大使「“台湾訪問”は取り消しとなったが、いつも支持している」

米国のクラフト国連大使は「米国はいつも台湾を支持している」と語った(画像提供:wowkorea)

米国のケリー・クラフト国連大使は、当初13日から15日に予定されていた台湾訪問を取り消したことについて「米国はいつも台湾を支持し、これからも そうである」と今日(14日)明らかにした。

ロイター通信によると、クラフト大使はこの日 台湾の蔡英文総統と通話したとして、先のように語った。

クラフト大使は「新型コロナウイルス感染症への対応に成功している台湾が、保健と先端科学分野で世界の模範になることのできた方法について話し合った。残念ながら台湾は 中国の妨害により、世界保健総会などの国連の舞台で その成功を共有することができない」と指摘した。

つづけて「私は蔡総統に、米国は台湾の味方であり、友人であり、パートナー、民主主義を支える柱として肩を並べることをはっきりと伝えた」と強調した。

台湾は中国の反対により国連に加入できない中、クラフト大使の台湾訪問が実現したなら、象徴的な意味があっただろうと、ロイター通信は分析した。

台湾総統室は、蔡総統とクラフト大使が台湾の国際的な参加と両者関係、民主的な理想共有などについて話し合ったことを明らかにした。

関連記事(外部サイト)