WHO“新型コロナ起源調査チーム”、ついに「武漢到着」

WHO“新型コロナ起源調査チーム”、ついに「武漢到着」

WHOの“新型コロナ起源”科学者調査チームが、中国武漢に到着した(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルスの起源を調査する世界保健機関(WHO)科学者調査チームは、今日(14日) 中国湖北省の武漢に到着した。

ロイター通信によると、中国国営TVはこの日、WHO調査チームの武漢到着の事実を伝えた。

調査チームは、隔離2週間を含めた約一か月間、武漢で過ごす予定である。

当初 WHOは、新型コロナの起源調査チームを今月初め 中国に送ることにしていた。調査チームは、2019年末 初めて新型コロナの感染者が発生した武漢の水産物市場で、調査活動を始める予定であった。

しかし 中国高官たちが専門家チームのビザを発行しないことで、延期された。このことで「親中派」だという批判を受けてきたWHOさえも、あからさまに中国のこのような行動を批判していた。

武漢は、新型コロナの発源地とされているが、中国は自然発生説と海外流入説を主張している。

関連記事(外部サイト)

×