韓国野党、‘国民統合‘に言及し朴前大統領の赦免を求める…「条件のない決断しなければ」

韓国野党、‘国民統合‘に言及し朴前大統領の赦免を求める…「条件のない決断しなければ」

国民の力‘国民統合‘に言及し朴前大統領の赦免を求める…「条件のない決断しなければ」=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の野党「国民の力」は14日、パク・クネ(朴槿恵)前大統領に対する最高裁の最終判決が出ると、「裁判所の判決を尊重する」という慎重な立場を明らかにした。個別の政治家らの間では、朴前大統領の特別赦免を求める声が出ている。

ユン・ヒソク国民の力報道官はこの日の論評で、「裁判所の判決を尊重し、国民と一緒に厳重に受け入れる」とし「不幸な歴史が繰り返されないようにすることは、今や我々みんなの課題となった」と述べた。

ユン報道官は、「国民の力は、第1野党として、民主主義と法秩序をすぐに立て、国民統合のための努力を止めない」とし”国民統合”を言及し、朴前大統領の恩赦を間接的に促したのではないかという解釈が出ている。 

ユ・スンミン元議員は、より明確に「ムン・ジェイン(文在寅)大統領は恩赦を決断しなければならない」とし「『当事者の反省』を要求する与党と支持者らの狭量に大統領は振り回されないことを願う」と求めた。

ユ元議員は、「司法的決定を越え、より大きな大義があるとき、大統領は恩赦という高度の政治行為をできるようにしたもの」とし「前大統領の恩赦について見せかけの政治ショーもしないことを望む。国民の目線という口実を探さずに、選挙に利用することも考えるな」と付け加えた。

キム・ギヒョン議員も、Facebookに投稿した文で「これ以上、国民をズタズタ引き裂く分裂のリーダーシップではなく、統合のリーダーシップが切実だ」とし「国家品格の次元から見ても、政治報復が続くことは望ましくない」と強調した。

キム議員は「これ以上手遅れになる前に、文在寅政権下で延々と増幅された分裂と憎悪の政治を、今、清算するよう‘条件のない赦免決断’を求める」と付け加えた。

別の野党「国民の党」は、ホン・ギョンヒ首席報道官の論評を通して、「再び前大統領が刑務所に入る不幸な歴史が繰り返されてはならない」とし「国民の党は大韓民国の法治主義を守護し、過去の葛藤と分裂を縫合して未来に進むことを望む」と述べた。

関連記事(外部サイト)