「北朝鮮の党大会で『春の日』について言及…南北関係改善の可能性を示唆」=韓国統一部

「北朝鮮の党大会で『春の日』について言及…南北関係改善の可能性を示唆」=韓国統一部

「北朝鮮の党大会で『春の日』について言及…南北関係改善の可能性を示唆」=韓国統一部(画像提供:wowkorea)

韓国統一部は14日、北朝鮮が第8回労働党大会で「『新しい道』『3年前の春の日』『平和と繁栄の新しい出発点』などについて言及し、韓国側の態度に応じた南北関係改善の可能性を示唆した」と分析した。

統一部はこの日、「北朝鮮の第8回党大会関連」の分析資料を通じてこのように明らかにし、「南北関係改善の立場を示唆し、我々(韓国側)の『根本問題』の解決など、誠意ある態度の変化を要求した」と明らかにした。

続けて、北朝鮮が「積極的な対策を講じていること」などに言及したことを挙げて、「(北朝鮮が)南北関係再開の重要性を表明しながら、パンムンジョム(板門店)宣言など南北合意事項の尊重と履行、相手に対する敵対行為停止などを強調した」と説明した。

関連記事(外部サイト)

×