コロナ禍で「弁当需要」急増、韓国有名弁当店「ボントシラク」が月の最高売上げ更新

コロナ禍で「弁当需要」急増、韓国有名弁当店「ボントシラク」が月の最高売上げ更新

コロナ禍で「弁当需要」急増、韓国有名弁当店「ボントシラク」が月の最高売上げ更新(画像提供:wowkorea)

韓国の有名弁当店「ボントシラク」は昨年12月、月の売上げ180億ウォン(約16億円)を達成し、月基準で歴代最高の売上げだった125億ウォン(約11億円)を更新したと15日明らかにした。これは、2019年の月平均の売上げと比べて86%上昇した数値だ。

また、昨年12月には1日の売上げにおいてもブランド自己最高値を持続的に更新し、去る4日には約8億ウォン(約7200万円)を売上げ、1日の最高額を達成した。

ボントシラク側は、新型コロナウイルス感染拡大によりデリバリー産業の成長と衛生に対する関心が韓国でも高まっている中、弁当ブランドとして初めて飲食店衛生等級認証を獲得した点などが影響し、顧客にブランドに対する高い信頼を与えたものと分析している。

関連記事(外部サイト)