「米国、対中貿易戦争で24万5千の雇用を“喪失”した」=英国経済分析機関

「米国、対中貿易戦争で24万5千の雇用を“喪失”した」=英国経済分析機関

「米国、対中貿易戦争で24万5千の雇用を“喪失”した」=英国経済分析機関(画像提供:wowkorea)

来週 ホワイトハウスを去るドナルド・トランプ米大統領が中国と繰り広げてきた貿易戦争により、米国で24万5000の雇用が失われたという研究報告書が出された。

14日(現地時間)ロイター通信によると、中国で事業をしている米国企業を会員とした米中企業協議会(USCBC)は、英国経済分析機関“オックスフォード・エコノミクス”に依頼し 実施された研究から、先のような結果が表れた。

オックスフォード・エコノミクスは、米中貿易戦争により米国で24万5000の雇用が減少したと推定し、2023年には73万2000、2025年には更に32万の雇用が無くなるだろうと予想した。

米国と中国の貿易戦争により、今後5年間 米国の国内総生産(GDP)は1兆6000億ドル委縮すると、オックスフォード・エコノミクスは推算した。

ただ 最近 米中貿易の緊張が緩和され、関税も少しずつ低くなったことで、2025年まで14万5000の雇用が増加する可能性があると、オックスフォード・エコノミクスは予想している。

USCBCのクレイグ・アレン会長は、米中関係において 政策の選択がどれほど多大な結果をもたらすかを、はっきりと確認することが重要だと強調し「関税に関して、政策選択の経済的費用を知ることが本当に重要だ」と語った。

オックスフォード・エコノミクスは報告書で「今後10年間 中国がグローバル成長の3分の1を占めるものと予想される」とし「中国市場へのアプローチを維持することは、米国企業たちが世界市場で成功するにおいて、最も重要な“変数”となる」と説明した。

関連記事(外部サイト)