可居島から105kmの海上で「中国の無人木製船」と推定される船舶が発見される=韓国

可居島から105kmの海上で「中国の無人木製船」と推定される船舶が発見される=韓国

可居島から105kmの海上で「中国の無人木製船」と推定される船舶が発見される=韓国(画像提供:wowkorea)

チョルラナムド(全羅南道)モクポ(木浦)で中国の木製船と推定される船体が発見された。

木浦海洋警察によると15日、この日の昼12時40分頃、木浦市可居島の西側105kmの海上で、長さ15m・幅5m規模の船舶が転覆しているという通報があった。

通報を受けて出動した海洋警察は、警備艇と潜水要員を現場に投入し、船舶の捜索を行った。捜索の結果、この船舶は無動力船で、乗船員はいなかったことが確認された。

木浦海洋警察の関係者は、「中国から急流に流されてきた無人の木製船と推定している」とし「調査を終え次第、船舶を木浦海洋水産庁に引き渡す予定だ」と述べた。

関連記事(外部サイト)