「ワクチン接種、疾病管理庁の能力は懐疑的」=韓国野党議員

「ワクチン接種、疾病管理庁の能力は懐疑的」=韓国野党議員

「ワクチン接種、疾病管理庁の能力は懐疑的」=韓国野党議員(画像提供:wowkorea)

韓国・国民の力のキム・ジョンイン(金鐘仁)非常対策委員長は15日、「政府の新型コロナウイルスへの対処が、余りにも政治的に利用されているのではないかと思う」と明らかにした。

金鐘仁委員長はこの日午後、ソウル・ヨンサン(龍山)区にある大韓医師協会を訪問し、「政府がK防疫を前面に出しているが、実質的には、引き続き感染が続いている新型コロナウイルスに適切に対処できなかった」とこのように述べた。

続けて、「大統領はワクチンと関連して、チョン・ウンギョン(鄭銀敬)疾病管理庁長に委任すると話したが、疾病管理本部の能力で実質的に履行できるか懐疑的だ」とし「政府は新型コロナウイルスを防御するのに、政治的な要因は全て排除して、医療界の専門的助言だけを参考にするのは未熟だ」と述べた。

関連記事(外部サイト)