中国シノファームワクチン購入契約迫る、ハンガリーがEUで初=韓国報道

中国シノファームワクチン購入契約迫る、ハンガリーがEUで初=韓国報道

中国シノファームワクチン購入契約迫る、ハンガリーがEUで初=韓国報道(画像提供:wowkorea)

中国の製薬会社シノファームが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンが、まもなくハンガリーでの使用承認を受けるものと思われる。

14日(現地時間)ロイター通信によると、ハンガリーのオルバーン・ビクトル首相はこの日、国営ラジオとのインタビューで「ハンガリー当局はシノファームワクチンの承認をするかどうか、数日中に明らかにする」と述べた。

ハンガリー政府は、先立って「シノファームから100万回分のワクチンの供給を受けることにした」と述べた。もし、ハンガリー医薬品当局が使用を承認すると、欧州連合(EU)加盟国の中で、中国ワクチンを受ける最初の国となる。

続いて「迅速な承認と接種のため、医薬品当局はシノファームワクチンの評価を迅速に進めなければならない」と促した。また「もし大規模な接種が開始されると、今年の夏前にコロナから解放されることができる」と付け加えた。

ハンガリーは昨年12月、ロシアの新型コロナワクチン6000回分を確保したと述べている。

関連記事(外部サイト)