元大統領への“恩赦”という「宿題」に悩み、週末を過ごす文大統領=韓国

元大統領への“恩赦”という「宿題」に悩み、週末を過ごす文大統領=韓国

文在寅 韓国大統領は、元大統領への「恩赦」をどうするか、深く悩むものとみられる(画像提供:wowkorea)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、来週の18日 新年記者会見を開くとされている中、イ・ミョンバク(李明博)・パク・クネ(朴槿恵)元大統領への「恩赦」をどうするか、深く悩むものとみられる。

青瓦台(韓国大統領府)の内外では、文大統領の恩赦の悩みには 国民たちの世論と2人の元大統領による“謝罪”などが「変数」となるものと予想されている。

きのう 青瓦台によると、文大統領は 来週の18日に新年記者会見を開く予定である。

今回の新年記者会見では、何よりも2人の元大統領への「恩赦」に対する文大統領の立場がどう発表されるかが、注目されている。

青瓦台は、恩赦に関する言及を控えている。青瓦台関係者は、恩赦に対する青瓦台の立場についての質問に「(14日 パク前大統領に対する)最高裁の宣告が出されて間もないのに、恩赦について言及するのは適切でない」と答えた。

文大統領はこの週末、新年の記者会見を準備しながら 恩赦に関して深く悩むものとみられる。

関連記事(外部サイト)