「社会的距離の確保」2週間延長、5人以上の集まり禁止、夜9時以降営業制限継続=韓国

「社会的距離の確保」2週間延長、5人以上の集まり禁止、夜9時以降営業制限継続=韓国

「社会的距離の確保」2週間延長、5人以上の集まり禁止、夜9時以降営業制限継続=韓国(画像提供:wowkorea)

チョン・セギュン(丁世均)首相は16日、「社会的距離の確保をさらに2週間延長することを明らかにした。個人間接触を減らし、感染拡散を抑制するのに効果が大きかった「5人以上の集まりを禁止、夜9時以降の営業制限」措置も引き続き施行する。

チョン首相はこの日午前、政府ソウル庁舎で新型コロナ対応中央災難安全対策本部会議を開き「フィットネスクラブ、塾、ボイストレーニングなど閉鎖を余儀なくされた施設は厳格な防疫守則を適用する条件で運営が再開される」と述べた。

現行の「社会的距離の確保」(首都圏2.5段階、非首都圏2段階)が17日に終了したことを受け、政府は距離設定調整案と防疫対策をまとめた。今回の防疫対策は18日0時から2週間施行される。

チョン首相は「カフェや宗教施設など防疫基準が行き過ぎだという意見が多かったところは合理的に補完する」と述べた。

政府は、社会的距離の確保の調整案とともに、旧正月の連休に備えた防疫対策も設けた。 チョン首相は「今回の旧正月も家族や親戚と会うのではなく心で一緒に過ごさなければならない」とし、移動と旅行を自制して、接触を減らして故郷の両親の健康と安全をまず守ってほしいと頼んだ。

関連記事(外部サイト)