新型コロナ新規感染580人、社会的距離の確保延長、集合禁止は緩和=韓国

新型コロナ新規感染580人、社会的距離の確保延長、集合禁止は緩和=韓国

新型コロナ新規感染580人、社会的距離の確保延長、集合禁止は緩和=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国内の新型コロナの新規感染者は、16日0時基準で580人を記録した。6日連続で600人弱を記録している。12月25日ピークの1240人に比べ半分以上減少したものの、「社会的距離の確保2.5段階基準」は維持している。

これを受け、政府は17日で終了する社会的距離の確保(首都圏2.5段階、非首都圏2段階)と5人以上の集まりの禁止を18日から2週間延長することにした。

ただ、フィットネスセンターや塾、ボイストレーニングなど、これまで休業していた施設は、厳しい防疫守則を前提に営業を再開する。強力な防疫措置による経済的被害状況を反映した。

16日、疾病管理本部・中央防疫対策本部によると、同日午前0時基準の累積感染者は580人増の7万1820人だった。 新規隔離解除者は1018人、隔離中の人は1万3030人で前日より457人減少した。

新規感染者580人(海外33人)の感染地域は、ソウル156人(海外感染8人)、プサン(釜山)61人(海外感染2人)、テグ(大邱)23人、インチョン(仁川)33人(海外感染3人)、クァンジュ(光州)6人、テジョン(大田)5人、ウルサン(蔚山)8人となっている。

新規感染者は1月3日から16日までの2週間で657→1020→714→838→869→674→641→451→537→561→524→512→580人となっている。

関連記事(外部サイト)