韓国野党議員、大統領側近の“猟奇的な発言”に「大統領と対話 臨むなら『特等のウスノロ』と言えばいいのか」

韓国野党議員、大統領側近の“猟奇的な発言”に「大統領と対話 臨むなら『特等のウスノロ』と言えばいいのか」

韓国野党第一党“国民の力”の河泰慶 議員(画像提供:wowkorea)

韓国野党第一党“国民の力”のハ・テギョン(河泰慶)議員は今日(16日)、「今後 野党が大統領と果敢に対話したいと望むなら、北朝鮮のように『特等のうすのろ』と非難しなければならないのか」と反発した。

ハ議員はこの日 自身のフェイスブックを通じて「北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党第1副部長が韓国政府を『特等のうすのろ』と非難したことについて、“共に民主党(与党)”のユン・ゴニョン(尹建永)議員は『もっと果敢に対話しよう』という意味だと言っている」と伝えた。

ユン議員は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領からの信頼が厚い側近として知られている。ユン議員は、前日 ラジオ番組とのインタビューで、キム第1副部長が韓国政府に対して“特等のうすのろ”と非難した談話を発表したことについて「対話をするなら、もう少し果敢にしようという要求が、本音として隠されている」と解釈した。

ハ議員は このことについて「猟奇的な解釈だ」とし「ユン議員は大統領の最側近であるのに、側近が大統領に恥をかかす方法も様々だ」と批判した。

つづけて「ユン議員のように解釈すれば、野党も大統領と対話を望む時『特等のうすのろ』と非難してもいいということなのか」とし「いくら北朝鮮に対して ひいきしているとしても、前後を見分けることくらいは、してほしい」と伝えた。

ハ議員は「キム第1副部長をカバーするために、韓国政府と大統領にまで恥をかかせるユン議員の猟奇的な想像力には、苦笑いしかない」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)