ノルウェー、ファイザーワクチン接種後死亡、29人に増加

ノルウェー、ファイザーワクチン接種後死亡、29人に増加

ノルウェー、ファイザーワクチン接種後死亡、29人に増加(画像提供:wowkorea)

当初23人と報告されていたノルウェーの新型コロナワクチン接種後、死亡者が6人増え、計29人であることが確認されたと、ブルームバーグ通信が16日(現地時間)報道した。

ノルウェー当局は同日、1回目のワクチン接種を受けた75歳以上の人々の間で、計29人の死亡者が発生したと明らかにした。 ノルウェー当局は、このうち4分の3が80歳以上だったと付け加えた。

当局はブルームバーグ紙との書面インタビューで「15日までノルウェーで使用できるワクチンはファイザーのワクチンであり、すべての死者はこのワクチンと関連がある」と明らかにした。

当局は「報告された死亡者はすべて基底疾患を持つ高齢者で、大半の人が吐き気と嘔吐、発熱、注射部位の局所反応、基底疾患の悪化といった予想される副作用を経験した」と付け加えた。

この事実は、ワクチンが高齢の末期患者にあまりにも危険な可能性があるという事実を悟らせると、ブルームバーグは伝えた。

関連記事(外部サイト)