102人を感染させた「スーパー・スプレッダー」出現に、中国吉林省は「非常事態」

102人を感染させた「スーパー・スプレッダー」出現に、中国吉林省は「非常事態」

中国吉林省で、新型コロナの無症状感染者1人が多くの人にウイルスを伝播する“スーパー・スプレッダー”が現れた(画像提供:wowkorea)

中国東北部の吉林省の各地で健康関連の講義をしてきた男性が、新型コロナウイルス感染症のスーパー・スプレッダー(スーパー伝播者)となっていたことから、大規模な集団感染が発生している。

香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、吉林省の保健当局は16日、黒龍江省からきた無症状感染者が吉林省で102人に新型コロナを拡散させたことを調査したと発表した。

黒龍江省出身の45歳のこの男性は、去る9日 列車で吉林省の長春市に到着し、その後 地下鉄で通化市へと移動した。10日と11日には通化市で開かれた物品販売のセミナーに参加している。

この過程において 長春・通化・公主嶺など吉林省の3都市で、102人の無症状感染者が一斉に発生した。疫学調査の結果 102人全てが、この男性と関連があったことがわかった。

中国官営“新華社通信”は16日 論評を通じて「吉林省で無症状感染者1人が数十人にウイルスを伝播する“スーパー・スプレッダー”が現れた」とし「地域感染症予防の統制網を築くのに、警告を発している」と伝えた。

最近 中国は新型コロナの拡散において、困難に直面している。中国の新規感染者が約10か月ぶりに3ケタを記録した後、17日までの5日間 100人台の発生が続いている。

中国政府は、特に人々の大移動が起こる春節(旧正月)の連休を控えている中、拡散を統制できずにいることから緊張状態にある。

関連記事(外部サイト)