ブラジル、アストラゼネカ・シノバックワクチン緊急使用を承認=韓国報道

ブラジル、アストラゼネカ・シノバックワクチン緊急使用を承認=韓国報道

ブラジル、アストラゼネカ・シノバックワクチン緊急使用を承認=韓国報道(画像提供:wowkorea)

ブラジルの保健当局は、英国のアストラゼネカと中国のシノバックのコロナワクチンの緊急使用を承認した。

17日(現地時間)フィナンシャル・タイムズは、ブラジル保健省国家衛生監視局が公開会議を開き、アストラゼネカとシノバックのワクチンの緊急使用を満場一致で承認したと報道した。

これにより、サンパウロで勤務する54歳の看護師モニカがシノバックのワクチンの最初の接種者となった。ブラジル保健大臣は、一日最大100万人がコロナワクチンを接種できる見通しだと述べた。

今回ブラジルで緊急使用が承認されたワクチンは、シノバックのワクチン600万回分と、アストラゼネカのワクチン200万回分である。アストラゼネカとシノバックのワクチン効果は、それぞれ約70%、50%である。

ブラジルのコロナによる死者は21万人で、全世界で2番目に多い。ワクチン接種は、感染者と死亡者が急増し、病室・酸素ボンベ不足に直面しているアマゾナス州を中心に優先的に行われる予定である。

関連記事(外部サイト)