ソウル地域の図書館・博物館・美術館など、あす運営再開

ソウル地域の図書館・博物館・美術館など、あす運営再開

ソウル地域の図書館・博物館・美術館など、あす運営再開(画像提供:wowkorea)

ソウル地域の公共文化施設496か所が19日に運営を再開する。

ソウル市は18日、「政府の『社会的距離の確保』防疫措置調整により、昨年12月5日から休館していた図書館、博物館、美術館などの文化施設の運営を19日に再開する」と、18日明らかにした。

運営を再開する文化施設はソウル市で66か所、自治区で430か所だ。

ソウル市は「現在、防疫レベル2.5段階が適用されており、事前予約制などを活用して利用人数を30%に制限し、施設別に防疫規則を遵守して安全に運営する計画」だと話している。

利用客は施設のホームページを通じて利用方法を予め確認し、マスク着用、入場前の発熱チェック、参加名簿の作成などの防疫指針を順守しなければならない。

関連記事(外部サイト)