文大統領、「新型コロナの状況が安定すれば、習近平氏の早期訪韓実現に努力」

文大統領、「新型コロナの状況が安定すれば、習近平氏の早期訪韓実現に努力」

文大統領、「新型コロナの状況が安定すれば、習近平氏の早期訪韓実現に努力」(画像提供:wowkorea)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は18日「中国の習近平国家主席の訪韓が昨年、推進されていたが、新型コロナウイルスの状況が悪化して実現しなかった」とし「ことし、新型コロナウイルスの状況が安定して、環境が整い次第、早期訪韓が実現されるように努力する」と明らかにした。

文大統領は同日午前、青瓦台(大統領府)春秋館で開かれた年頭の記者会見で「中国は韓国の最大貿易国であり、朝鮮半島の平和増進のために協力していかなければならない関係」とし、このように述べた。

文大統領は「新型コロナウイルスに関しては中国だけでなく、隣国の日本や北朝鮮、必要ならば北東アジア全体が人間間の感染だけでなく鳥インフルエンザ、アフリカ豚熱、口蹄疫など家畜感染病部分においても国境を接している関係であるため、共同の協力が必要だ」とし、「中国との協力にもより関心を持って発展させていく」と述べた。

関連記事(外部サイト)