菅首相「健全な関係のために、韓国が適切な対応を」=韓国報道

菅首相「健全な関係のために、韓国が適切な対応を」=韓国報道

菅義偉首相は、悪化した日韓関係改善の責任が韓国側にあるという立場を改めて明らかにした(画像提供:wowkorea)

菅義偉首相は今日(18日)、悪化した日韓関係改善の責任が韓国側にあるという立場を改めて明らかにした。

菅首相はこの日の午後、通常国会開会による施政方針演説で、日韓関係について「韓国は重要な国」としながらも「現在 両国の関係は非常に厳しい状況にある」と語った。

つづけて「健全な関係に戻すためにも、韓国側に適切な対応を強く求めていく」と語った。

菅首相のこのような発言は、ここ数年間 日韓関係の最大対立懸案としてあげられている韓国内の元徴用工たちへの日本企業の賠償問題、そして最近 日本政府と政界が強く反発している韓国裁判所による元慰安婦の賠償判決などを念頭に置いたものだとみられる。

日本政府は、1965年の日韓請求権協定の締結を通じて、日韓両国およびその国民間の請求権に関する全ての問題が「完全かつ最終的に解決」されたなどの理由で、日本政府は 企業たちを相手にした韓国内の関連被害者たちによる提訴と裁判所の賠償判決全てを、認めることはできないという立場をとっている。

関連記事(外部サイト)