韓国政府、日本外相の「竹島は日本の領土」発言に抗議…「撤回要求」=韓国報道

韓国政府、日本外相の「竹島は日本の領土」発言に抗議…「撤回要求」=韓国報道

韓国政府、日本外相の「竹島は日本の領土」発言に抗議…「撤回要求」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

韓国政府が日本の茂木敏充外相が竹島(独島、韓国が主張する竹島の名称)は日本の領土だと発言したことについて強く抗議し、撤回を要求した。

外交部は18日、チェ・ヨンサム報道官名義の声明を出し、「日本政府が外務大臣の国会外交演説で、韓国固有の領土である竹島に対する不当な主張を再び繰り返したことについて強く抗議し、これを直ちに撤回することを厳重に要求する」と明らかにした。

続いて「日本政府は歴史的・地理的・国際法的に明白な韓国固有の領土である竹島に対する無意味な試みを直ちに中断し、正しい歴史認識が未来志向的な日韓関係の発展の礎であるという点を深く反芻してみるべきだろう」と述べた。

また、「日本軍元慰安婦が提起した損害賠償請求訴訟の判決と関連した日本側の一方的な要求は受け入れられない」とし「日本政府も2015年の慰安婦合意当時、自ら明らかにした責任痛感と謝罪、反省の精神に立脚し、被害者の名誉と尊厳の回復および両国間の建設的で未来志向的な協力の継続に向けて、ともに知恵を発揮していくことを求める」と付け加えた。  

茂木外相は18日の外交演説で、竹島が日本の領土だと主張した。日本外相が外交演説で竹島を自国の領土だと主張したのは2014年以降8年連続である。

茂木外相は「竹島は、歴史的事実に照らしてみても、国際法上も日本固有の領土」とし「このような基本的な立場をもとに冷静かつ毅然に対応する」と述べた。

茂木外相は最近、韓国裁判所が日本政府の元慰安婦賠償責任を認めたことについて、「国際法上でも、両国間の関係上でも、到底考えられない異常事態が発生し、非常に遺憾」と述べた。続いてカン・ギョンファ(康京和)外交部長官との通話会談で、韓国政府が国際法違反を速やかに是正することを強く要求したと付け加えた。

関連記事(外部サイト)

×