WHO「コロナワクチン、道徳的失敗だ」…「貧しい国の接種者、25人しかいない」

WHO「コロナワクチン、道徳的失敗だ」…「貧しい国の接種者、25人しかいない」

テドロスWHO事務局長は、富んだ国と大型製薬企業たちを強く批判した(画像提供:wowkorea)

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は18日(現地時間)、富んだ国々の新型コロナウイルス感染症ワクチンの“買占め”により「世界が破滅的な道徳的失敗直前だ」として、富んだ国と大型製薬企業たちを強く批判した。

米CNN放送などによると、テドロス事務局長はこの日 WHO理事会で「少なくとも49の富んだ国は、今までワクチン3900万回分を接種したが、最貧国のうちの一つは2500万回でもなく2万5000回分でもない、たったの25回分しか接種していない」と伝えた。

つづけて「世界は新型コロナワクチンの流通において、破滅的な道徳的失敗の直前だ」とし「公平なアプローチへの約束が、深刻な危険に直面している」と批判した。

また「率直に言う。この失敗の代価は、最も貧しい国に住んでいる人々の生命と生計に表れるだろう」とし「結局 このような措置は、パンデミックと封鎖措置、経済的苦痛を延長させるだけだ」と訴えた。

特に テドロス事務局長は「新型コロナの変異ウイルスの拡散により、ワクチンの公正な分配が一層 重要となった」としながらも「富んだ国の若くて健康な成人が、医療陣や貧しい国の老人よりも先に接種を受けるのは正しくないことだ」と強調した。

テドロス事務局長は、ワクチンを製造している大型製薬企業に対しても、批判の声をあげ「ほとんどの製薬企業はWHOにデータを提出することよりも、多くの利益を得ることのできる富んだ国から承認を受けることを優先している」と指摘した。

米デューク大学のグローバル保健革新センターによると、カナダは人口対比500%である3億4200万回分のワクチンを、英国は人口の3倍である3億5700万人分を確保している状態である。人口対比で2倍以上の新型コロナワクチンを確保した国は、ニュージーランド・オーストラリア・チリ・EU・米国などである。

関連記事(外部サイト)