朴槿恵前大統領、ソウル拘置所の新型コロナ感染職員と濃厚接触=20日午前にPCR検査

朴槿恵前大統領、ソウル拘置所の新型コロナ感染職員と濃厚接触=20日午前にPCR検査

朴氏が感染職員と濃厚接触

朴槿恵前大統領、ソウル拘置所の新型コロナ感染職員と濃厚接触=20日午前にPCR検査

朴槿恵前大統領、ソウル拘置所の新型コロナ感染職員と濃厚接触=20日午前にPCR検査(画像提供:wowkorea)

韓国のソウル拘置所に収容中のパク・クネ(朴槿恵)前大統領が新型コロナウイルスに感染した職員と濃厚接触し、20日午前にPCR検査を受ける予定だ。

法務部(法務省)は該当職員が去る18日、朴前大統領の外部の医療施設への通院治療の際に、介護を行っていたことが確認されたと明らかにした。該当職員は護送車に同乗しており、朴前大統領と該当職員は共にマスクを着用していた。

去る12日のPCR検査では陰性と判定された朴前大統領は、同日午前に再びPCR検査を受ける予定だ。

検査結果が陰性の場合、予防のため外部の病院に入院して一定期間、隔離措置される。陽性の場合は医療陣や防疫当局などと協議し、陰圧室が設置された病院に入院して治療を受ける予定だ。

一方、差し戻し審で実刑判決を受けて、ソウル拘置所に収監されたサムスン電子のイ・ジェヨン副会長は4週間の隔離に入った状態だ。

関連記事(外部サイト)