朝鮮新報「ユニクロ、朝鮮学校にもマスクを寄贈」…「“排除”に謝罪」

朝鮮新報「ユニクロ、朝鮮学校にもマスクを寄贈」…「“排除”に謝罪」

ユニクロ朝鮮学校にもマスク

朝鮮新報「ユニクロ、朝鮮学校にもマスクを寄贈」…「“排除”に謝罪」

ユニクロは、マスクの寄贈対象から除外されていた朝鮮学校などの外国人学校にも、マスクを寄贈することにした(画像提供:wowkorea)

日本の衣料ブランド“ユニクロ”は、マスクの寄贈対象から除外されていた朝鮮学校などの外国人学校にも、マスクを寄贈することにした。

今日(20日)在日本朝鮮人総連合会の機関紙“朝鮮新報”は「(ユニクロが)担当者の誤認識により申し込みのできなかった外国人学校に対し、別途 寄贈する旨を明らかにした」と報道した。

ユニクロは、新型コロナウイルス感染症防疫のための地域支援の一環として、日本各地の小・中・高等学校の学生たちと教職員たちに、マスク300万枚を寄贈することを明らかにしていた。

しかし 朝鮮学校関係者からの問い合わせに「外国人学校は対象に含まれていない」と答えていたことが伝えられた。

朝鮮新報は、このことに関してユニクロ側が「外国人学校を“対象外”とした一連の対応を、再度 訂正し謝罪した」と伝えた。

ユニクロは今後、外国人学校からマスク寄贈の申し込みがくれば、該当部署を通じてメールまたは電話で個別に対応する予定である。

関連記事(外部サイト)