“新型コロナ感染者と濃厚接触”朴槿恵前大統領、PCR検査の結果は陰性…外部病院で隔離予定

“新型コロナ感染者と濃厚接触”朴槿恵前大統領、PCR検査の結果は陰性…外部病院で隔離予定

“新型コロナ感染者と濃厚接触”朴槿恵前大統領、PCR検査の結果は陰性…外部病院で隔離予定(画像提供:wowkorea)

韓国・キョンギド(京畿道)ソウル拘置所に収容中のパク・クネ(朴槿恵)前大統領が新型コロナウイルスに感染した職員の濃厚接触者となり検査を受けた結果、陰性判定を受けた。

20日、法務部(法務省に相当)によると朴前大統領は同日午前、PCR検査を受け、その結果、陰性と判定されたという。

法務部は予防的次元で朴前大統領を早ければ同日午後、外部の病院に入院させて一定期間隔離措置することにした。

朴前大統領はソウル聖母病院で自主隔離を続ける可能性が高い。これまで朴前大統領は持病の椎間板ヘルニアなどの治療のために、該当病院を周期的に訪れていた。

法務部は同日「ソウル拘置所の職員が去る18日、朴前大統領が外部の医療施設に通院した際、介護を行ったことが確認された」と発表。該当職員は護送車に同乗しており、朴前大統領と該当職員は共にマスクを着用していた。

法務部の関係者は「(ソウル拘置所内の濃厚接触者のうち)女性は朴前大統領1人」とし「朴前大統領の外部の病院入院は拘置所内の女性収容者の感染拡大を先制的に遮断するための措置」と説明した。

関連記事(外部サイト)

×