「ワクチンを接種しても、南アフリカ変異ウイルスに感染するかも」=南アフリカ国立感染症研究所

「ワクチンを接種しても、南アフリカ変異ウイルスに感染するかも」=南アフリカ国立感染症研究所

新型コロナワクチンを接種した人でも、南アフリカ変異ウイルスに感染する可能性があるという研究結果が出た(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染症ワクチンを接種した人でも、南アフリカ変異ウイルスに感染する可能性があるという研究結果が出た。

19日(現地時間)米CNN放送によると、南アフリカ国立感染症研究所の研究チームは、新型コロナに感染し完治した44人から採取した血液サンプルを、南アフリカ変異ウイルスに露出させた。

その結果 血液サンプルのうち 約半数の抗体が完全に無力化され、残りの半数は抗体反応が弱体化した。

これは ワクチンを接種したり新型コロナに感染することで すでに抗体をもっていても、変異ウイルスに感染する可能性があることを示していると、CNNは伝えた。

抗体が無力化したのは、南アフリカ変異ウイルスが新型コロナウイルスの一番上にある“たんぱく質スパイク”2か所で変異が起きたためであると、研究チームは説明した。ワクチンは この突起を狙って免疫効果を得るが、この部分が変化したため ワクチンの効能にも影響を及ぼすとのことである。

今回の研究を率いた南アフリカ国立感染症研究所の副所長は「警戒心をもたねばならない」とし「我々は抗体が無力化することを目撃した。恐ろしい結果だった」と語った。

関連記事(外部サイト)