”家族の集まり”で17人中11人が新型コロナ感染、過料を検討=韓国

”家族の集まり”で17人中11人が新型コロナ感染、過料を検討=韓国

”家族の集まり”で17人中11人が新型コロナ感染、過料を検討=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国のチョルラナムド(全羅南道)が、「5人以上の私的な集まり禁止」の行政命令に違反し、スンチョン(順天)での「17人の家族の集まり」によって新型コロナクラスターが発生した家族に過料を科すことを検討する。この集まりで、17人中11人が感染したことがわかった。

21日、全羅南道などによると前日(20日)、順天とクァンヤン(光陽)でそれぞれ3人と2人の新型コロナウイルス感染が確認された。

この5人は、キョンギド(京畿道)シフンシ(始興市)の562番目の感染者と接触したことが確認された。

始興市の562番目の感染者は、家族の集まりに参加するため今月16日と17日、順天を訪問したことがわかった。この感染者は去る19日、新型コロナウイルス陽性判定を受けた。

防衛当局は、始興市の562番目の感染者が順天を訪問した事実を確認し、接触者に対する検査と共に疫学調査を実施。この結果、家族など計17人が順天で同じ集まりに参加していたことが把握された。

これにより、順天に居住する家族5人のうち3人、光陽に居住する4人のうち9人など、9人中5人が陽性判定を受けた。そのほかの地域でも、5人の感染がわかった。

防衛当局は、5人以上の私的な集まりを禁止する行政命令を下したにも関わらず、家族の集まりが確認され、これによる感染が広がっていることを受けて、この一家へ過料を科す行政措置を検討する方針だ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?