新型コロナワクチン輸送作戦に500人余りを投入=韓国軍

新型コロナワクチン輸送作戦に500人余りを投入=韓国軍

新型コロナワクチン輸送作戦に500人余りを投入=韓国軍(画像提供:wowkorea)

韓国国防部は21日、新型コロナウイルス感染症のワクチン輸送のために、兵力500人余りを投入したタスクフォース(TF)を編成すると明らかにした。

保管が面倒なワクチンの流通全般を管理し、問題状況発生時の対応に力を集中する方針だ。

国防部はこの日、ムン・ジェイン(文在寅)大統領に報告された2021年業務報告で、「民・官・軍・警察の協力のもとで、新型コロナウイルスのワクチン輸送を完璧に支援する」とこのように明らかにした。

政府内の疾病管理庁総括のもと、来月から始まる新型コロナウイルスのワクチン接種で、軍は輸送・流通前の段階で状況を管理監督する任務を引き受けた。

輸送の技術的な部分は、今後政府との契約を締結する民間物流業者が引き受けることになるが、その過程を保護して、問題状況発生時の迅速な措置を通じて、安定的な接種を支援することが軍の役割となる。

関連記事(外部サイト)