最初の業務報告は「外交安保」…南北米間の対話で大転換できるよう努力=文在寅大統領

最初の業務報告は「外交安保」…南北米間の対話で大転換できるよう努力=文在寅大統領

最初の業務報告は「外交安保」…南北米間の対話で大転換できるよう努力=文在寅大統領(画像提供:wowkorea)

ムン・ジェイン(文在寅)大統領は21日午後、大統領府の與民館で米バイデン政権発足をきっかけに、今年最初の国家安全保障会議(NSC)の全体会議を主宰した後、外交・統一・国防部から2021年業務計画の報告を受けた。

今回の業務報告は、朝鮮半島の恒久的な平和定着のためのターニングポイントとして、韓国政府のこれまでの外交安保分野の成果と当面の課題・計画についての報告を中心に行われた。

文在寅大統領は、業務報告を受けながら、朝鮮半島の平和プロセスの一貫した推進を通じて、三度にわたり南北首脳会談を開催して、米朝対話の扉を開くなど、朝鮮半島の平和造成に寄与した外交安保省庁の努力を評価した。

続けて、2021年には止まっている米朝対話と南北対話で大転換を実現できるよう、最後まで最善の努力を尽くすことを要請した。

関連記事(外部サイト)