韓国政府による新型コロナへの対応「よくやっている」56%…前月と同一の結果

韓国政府による新型コロナへの対応「よくやっている」56%…前月と同一の結果

韓国政府の新型コロナへの対応について、国民の半分以上が肯定的に評価していることがわかった(画像提供:wowkorea)

韓国政府の新型コロナウイルス感染症への対応について、国民の半分以上が肯定的に評価していることがわかった。

韓国世論調査企業“韓国ギャラップ”が去る19日から21日まで、韓国内 18歳以上1000人に「政府の新型コロナへの対応」に対する評価を問う調査をし、今日(22日)公開した結果によると、韓国政府の新型コロナへの対応に対して56%が「よくやっている」と評価した。「よくやっていない」という回答は32%であった。これは先月12月に調査したものと同じ数値である。

新型コロナへの政府の対応に対しての肯定評価をみると、地域や感染への懸念・可能性の認識による差よりも、政治的性向別の差が大きかった。支持政党別にみると、与党“共に民主党”の支持層では87%が肯定評価し、野党第一党“国民の力”の支持層では29%にとどまった。無党派層では肯定・否定評価がそれぞれ40%前後であった。政治性向別の肯定評価では、革新層75%、中道層58%、保守層37%となった。

「新型コロナによる本人の感染がどれほど心配か」という質問には、「とても心配だ」34%、「ある程度心配だ」44%、「別に心配ではない」15%、「全く心配でない」6%という結果であった。

韓国ギャラップは「今回の3次拡散は広範囲で、無症状感染も少なくなかったとされているが、それでも成人10人中3人(29%)は依然として『私は新型コロナに感染する可能性は(あまり・全く)ない』と考えている点に、注意を傾ける必要がある」と指摘した。

関連記事(外部サイト)