日本 ファイザー製ワクチン第1弾が来月中旬に到着…2月末から接種開始=韓国報道

日本 ファイザー製ワクチン第1弾が来月中旬に到着…2月末から接種開始=韓国報道

日本 ファイザー製ワクチン第1弾が来月中旬に到着…2月末から接種開始=韓国報道(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染症ワクチンの第一弾として、米国製薬会社ファイザーが開発したワクチンが来月中旬に日本に到着すると産経新聞が21日報じた。 

日本政府関係者はこの日、産経新聞に「日本政府で確保を推進する最初の新型コロナウイルスワクチンで、ファイザー製ワクチン1万回分が2月中旬に日本に到着する見通しだ」と明らかにした。

日本厚生労働省によると、これまで契約したワクチン供給量は、ファイザー製1億4400万回分、イギリスのアストラゼネカ製1億2000万回分、モデルナ製5000万回分である。これは1人当たり2回の接種基準で、それぞれ7200万人分、6000万人分、2500万人分であり、計1億5700万人分である。

日本政府は来月中旬、ファイザー製ワクチンを承認した後、同月末から医療従事者や高齢者、基礎疾患を持つ人を優先的に接種する予定である。一般人の場合、当分の間、16歳以上のみ接種する案を検討していることが分かった。16歳未満の児童を対象とした臨床試験が、行われなかったためだ。

日本政府の試算によると、日本全体の人口は約1億2500万人であり、16歳以上は1億人余りである。人口よりも多くのワクチンを確保したのは、どの会社のワクチンが、最終的に効果を発揮するのか把握できないためだと、産経新聞は説明した。 

ワクチンの承認は、当初2月末に予定されていたが、2週間前の緊急事態宣言が発令された後も、新型コロナウイルスの拡散傾向に歯止めがかからず、日程を繰り上げることにした。

21日、日本の新規感染者は東京都1471人を含めて5652人で、3日連続5000人を超えた。累積感染者数は35万人余りに達する。

関連記事(外部サイト)

×